お笑い芸人速報

お笑い芸人速報では、芸能人の中でもお笑い芸人の情報をまとめていち早く届けるブログです。



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    世の中そんなもんなんだよな

    1 muffin ★ :2018/04/23(月) 19:18:14.47 ID:CAP_USER9.net

    https://www.narinari.com/Nd/20180449182.html
    2018/04/23 15:12

    お笑いコンビ・流れ星の瀧上伸一郎(39歳)が、4月20日に放送されたトーク番組「エゴサーチTV」(AbemaTV)に出演。Twitterアカウントを削除した理由を語った。

    この日、番組MCのキングコング・西野亮廣から「エゴサーチをしますか?」と聞かれた瀧上は、自分のファンたちがTwitterなどで、自分の応援しているタレントの悪口をわざと言う“けなし愛”というものをやっていたと説明。そして「そんなこと俺は知らなかったから、ファンに対して『なんで、瀧上は大喜利ヘタとかいうんですか!?』って乗り込んでいった。そしたら炎上した」と語った。

    さらに瀧上は「(Twitterは)簡単に何でも書けちゃうじゃん、発言に責任を持たないとって考えていて。俺は正論を言ったつもりなんだけど、正論言ったら叩かれるじゃん?みんな正論嫌いじゃん。だからTwitterはやめた」と、Twitterを辞めた経緯についても明かした。

    一方、相方のちゅうえいは「自分がウケた時の収録がオンエアされた日の夜に、酒を飲みながらエゴサーチする」と回答。また、「テレビの反応を直に感じたい」という気持ちから、その翌日にあえて誰かに気付かれるよう何の変装もせず、ゆっくり自転車で渋谷付近をうろついている事を明かし、スタジオの笑いを誘っていた。


    (出典 cdn.narinari.com)


    【【芸人】流れ星・瀧上がTwitter辞めた理由】の続きを読む


    出る杭はいつも打たれるよな

    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2018/04/24(火) 10:21:03.88 ID:CAP_USER9.net

    松本人志「ドキュメンタル」に“身内だらけ”の批判!
    2018/04/23 18:15
    https://asajo.jp/50602

    (出典 asajo.jp)


    「真の笑いの頂点を決する」と謳うには、バランスを欠いているのでは?

     4月20日よりAmazonプライム・ビデオで配信されるバラエティ番組「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」シーズン5のメンバーが発表された。

     10人のお笑いスペシャリストが一堂に会し、制限時間の6時間を笑わずに耐え凌いだ最後の1人へ賞金1100万円が贈呈されるという同企画。
    シーズン5となる今回の出演者には、ジミー大西、千原ジュニア、ケンドーコバヤシ、陣内智則、たむらけんじ、ハリウッドザコシショウ、高橋茂雄(サバンナ)、秋山竜次、狩野英孝、山内健司(かまいたち)といった面々が名を連ねた。

     だが、集められた10人のうち、狩野英孝とハリウッドザコシショウを除く8名が吉本所属であり、ネット上でも「また吉本の身内芸を見なきゃならんのか」「本当にNo.1を決めるなら吉本興業以外からも呼べよ」
    「全く公平性に欠く。平等に全社から選ぶべき」「吉本芸人の身内ネタ飽きた。芸人は吉本だけじゃない」といった人選への不満が飛び交っているようだ。

    「主催者が松本人志であり、製作陣にも吉本興業幹部が名を連ねている以上、所属の芸人が優先してキャスティングされるのは致し方ないところでしょう。またシーズン2では数少ない“吉本以外”の枠で出演したバイきんぐ小峠英二があっさりと優勝。
    1100万円をかっさらっていただけに、同社も可能な限りは吉本芸人に花を持たせたい考えなのかも知れません」(テレビ誌ライター)

     今回、千原ジュニア、陣内、たむら、高橋、ザコシショウ、狩野、山内と7人の芸人が初参戦となる。

    「ネットでは、特に千原ジュニアへの拒否反応が強いんです。“松本人志の側近”というイメージが着いていて、これまで『人志松本のすべらない話』でも、松本人志とのエピソードばかり話すといった点を指摘され“ジュニアが面白いのではない”と言われがち。そのあたりも“身内固め”という声が上がる要因でしょう」(前出・テレビ誌ライター)

     千原ジュニアには、優勝して汚名を返上してもらいたいものだが、優勝したらしたでまた“身内びいき”の声が上がってしまうかもしれない…。

    (木村慎吾/写真:パシャ)


    【【芸人】松本人志「ドキュメンタル」に“身内だらけ”とネット上で批判飛び交う】の続きを読む


    人それぞれ意見はあるからな

    1 ストラト ★ :2018/04/25(水) 10:08:47.77 ID:CAP_USER9.net

    爆笑問題の太田光(52)が、財務省の福田淳一事務次官(58)のセクハラ問題をめぐり、女性記者の取材活動について「女を武器にすることだってしたたかにやっていいと思う」との考えを述べた。

    24日深夜放送のTBSラジオ「爆笑問題カーボーイ」では福田氏のセクハラ問題を取り上げ、「福田っつーのはバカですよ。だって、記者に向かってあんなこと言ったら、そりゃ足元すくわれるに決まってるんだから」とバッサリと切り捨てた。

    福田氏のセクハラ疑惑はテレビ朝日の女性記者が週刊新潮で告発したことで明るみに出た。
    太田は「あのケースがそうだっていうわけじゃない」と前置きした上で、「記者っていうのはスクープをとるために、女を武器にすることだってしたたかにやっていいと思う。それは男社会に対するカウンターだからね」と持論を展開した。

    「そういうケースも絶対あるんですよ。会社がそういうキレイな子をわざと行かせて口を割らせる、口を軽くさせるみたいなことは実際にあるし。それをわかっててやってる女性記者っていうのも、したたかで俺は立派だと思う」と太田。
    「問題は日本の政治家、特に重要なポジションに就いてる政治家が男ばっかりっていうそこが問題」と指摘した。

    さらに太田は「ブン屋なんてのはさ、言ってみりゃ酸いも甘いもやってるわけですよ。きれい事だけじゃ済まない世界っていうのは覚悟してやってる女性だっているわけ」と私見を述べ、「だからそういう意味で言うと、一番良いのは社会が男と女が本当に同じくらい、『女性活躍』って言うんだったら重要ポストにもっと女が入ってるべきで。そうしたら事態は変わりますよね」と、セクハラ撲滅への考えを語った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00189568-nksports-ent

    太田光

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【芸人】太田光、女性記者へのセクハラ問題に持論】の続きを読む

    このページのトップヘ